Xバンドレーダー基地配備の是非が参議院選挙でも重要な争点に

2013年05月25日

   昨日の演説会で、志位委員長は、アメリカいいなりの京都でのあらわれとして、米軍専用レーダー(Xバンドレーダー)基地配備問題を取り上げました。今日は、民医連として、「京都に米軍基地はいらない府民の会」に参加するためにも、理事会でXバンドレーダーについての学習をしたいということで、私が講師に呼ばれました。そこでも強調しましたが、Xバンドレーダー基地配備の是非が参議院選挙でも重要な争点になることは間違いありません。

    今夜のプロ野球交流戦、わが阪神タイガースは日本ハム相手に9回逆転サヨナラ勝ちでしたが、何と、宿敵読売ジャイアンツもオリックス相手に逆転さよなら勝ちでした。今年のセリーグは、この2チームの首位争いが、最後まで続きそうです。

みやこめっせでの日本共産党演説会、志位委員長が1時間たっぷり訴えました。

2013年05月24日

 今朝は、わら天神の交差点で、井坂市議と地域の後援会員と早朝宣伝を行いました。訴えの中では、「実態経済を反映せず、投機によって引き上げられていた株価が急落」「自民党が『国民の理解を得られない』と、参議院選挙の公約に憲法96条改正を盛り込まず」という、暴走する安倍内閣の破たんが早くも始まったことを示すニュースを紹介しました。

    午前中は議員団会議で、午後は府議会の最終本会議の予定でしたが、議長選挙をめぐる与党の調整が長引いたり、無所属議員の議会のルールに反する対応などによって、本会議の開会が夕方までずれこみました。おかげで、府議会が終わったのが午後7時すぎで、演説会の開会時間に間に合わなくなってしまいました。

    それでも何とか、志位委員長の演説は、最初から最後までしっかり聞くことができました。演説会終了後、出口で募金箱を持って、参加者へのあいさつを行いましたが、多くのみなさんが、募金に協力してくれました。

いよいよ明日は、志位委員長を迎えての演説会です。

2013年05月23日

 志位委員長を迎えて、左京区岡崎のみやこめっせで開催する日本共産党演説会が、いよいよ明日に迫りました。倉林明子参議院京都選挙区予定候補も参加した北野白梅町での早朝宣伝でも、北山堀川の交差点での早朝宣伝でも、演説会の参加をよびかけました。

 

     午後は、府議会の少子・高齢化対策特別委員会が開かれ、1年間のまとめの発言を行いました。私は、京都府保健医療計画、介護報酬の改定にともなう訪問介護の生活援助時間の削減、特別養護老人ホームの待機者について、介護保険制度そのものの改善、若い人たちが結婚し子どもを産むことが困難な現状の打開などについて、見解を表明しました。

    夜は、南相馬市の牛越仮設住宅の自治会長さんたちの歓迎会に参加しました。会場は、私が若い頃の生活と活動の中心であった百万遍の近くでしたが、大きく変貌していました。

米軍専用レーダー基地の撤回を求める京都府民の会の結成集会に250人。

2013年05月22日

午後は、今年度最後の農商工労働常任委員会で、全員が1年間のまとめの発言を行いました。私は、雇用・経済問題、大型店の規制、鳥獣害対策、宇治茶振興、京ブランド対策などについて、この1年間に議論してきた内容について発言しました。

夜は、夕食抜きで、米軍専用レーダー基地の設置の撤回を求める京都府民の会(略称:京都に米軍基地いらない府民の会)の結成集会にかけつけました。集会には250人が参加、京丹後市経ケ岬への米軍専用レーダー基地の設置を絶対に許さない、決意を固めあいました。倉林明子日本共産党参議院京都選挙区予定候補が連帯あいさつを行い、米軍基地設置反対連絡会からの現地報告、東奥日報の斉藤光政記者の特別報告が行われました。私も、昨日の府議会の全員協議会でのやりとりを報告しました。6月11日(火)の昼休みに府庁包囲行動、6月15日(土)の午後に現地集会などの行動提起も行われました。

府議会の全員協議会でXバンドレーダー配備問題で質疑。

2013年05月21日

本日の府議会全員協議会でのXバンドレーダ配備問題の質疑では、日本共産党からは、私と光永幹事長が質問に立ちました。私の行った主な質疑は以下の通りです。

Q この間の知事の発言に関わって、確認したい。防衛省の佐藤政務官との会談で知事は、「安心・安全の面は、私どもが住民に対して責任を負うわけであり、この点について納得がいかない限り、前へ進む気はない」と述べている。この「納得がいかない」の主語は誰か。当然、地元住民をはじめ京都府民だと思うが、そういう理解でいいか。

A 知事が判断することになるが、知事は府民の代表であり、住民の納得を重視する。

Q 私ども府議会議員も含めて京都府民、とりわけ地元住民の不安や疑問が払拭されない

まま、知事が判断するようなことは、絶対にないように、強く求めておく。

知事は、「Xバンドレーダーに詳しい学識経験者、専門家を参与として任命する」と述べており、まもなく4人の参与を任命するとのことだが、これらの専門家による意見は、どのように反映されるのか。

A 電磁波の影響などの知見について参考にする。

Q 青森の車力の場合も、県は有識者を入れた検討会をもってその答申を受けてOKを出しているが、その有識者の中に、防衛庁と自衛隊幹部OB2人、レーダー建設に関わっている三菱重工から1人となっていた。このようなお手盛りの検討会にならないように。

Q 安心・安全についていくつか質問する。レーダーの周波数帯がスピード違反取締等にも使われているもので、「熱被害以外の健康被害はない」と説明されているが、電磁波による健康被害が心配であり、出力の大きさが問題だ。どれぐらいの出力になるのか、明らかにしてもらいたい。

A 出力については明らかにできないが、150メートル内の照射は、10センチの距離のトランシーバーと同じ程度。

Q Xバンドレーダーのメーカーのカタログなどによると、出力が1メガワット~1.5メガワットだと示されている。そうすると、500ワットの電子レンジを2千台から3千台並べることになる。説明のように影響がないと言えるのか。スピード違反の取締に使われるレーダーと変わらないというが、米国コネチカット州の警官がスピードガンを使用したためにガンにかかったとして労災補償を請求、警察がスピードガンの使用を禁止したという例もある。電磁波の影響については、専門家の知見もかりて、しっかり検証すべき。

海側の半径6キロ、高度6キロの半円柱が飛行制限区域になる。経ケ岬周辺では、ブリやアジなどの定置網漁がさかんであり、間人ガニの漁場もあります。ドクターヘリの飛行区域とも重なる。とくに、ドクターヘリについては、ヘリポートは内陸側にあるが、冬場や風がきつい時には、海側から入らざるをえなくなるのではないか。

A レーダーの停波も含めた柔軟な措置について米側と調整している。

Q 「環境アセスメントは、法令上求められておらず、車力でもしていない」と言われるが、現在世界中でXバンドレーダーが配備されているところは、いずれも砂漠の真ん中とか、車力のように森の中であり、住民の生活や生業の場にこれだけ近い所に配備するのは初めて。しかも、住民のみなさんから様々な不安の声が出ているのだから、環境アセスメントが必要ではないか。

A 安心、安全を確認しているから、環境アセスは必要ないと考えている。

Q 安心・安全と言うなら、住民が安心できるためにも、環境アセスを実施すべきだ。車力でも、青森県から環境アセスの実施を求めたと聞いている。京都府として、環境アセスの実施を求めるべきではないか。

A 防衛省が必要ないと言っているので、求めるつもりはない。

Q 住民からは、1日5万リットルもの水を使うということへの不安の声が強い。5万リットルもの水を何に使うのか。

A 基地の運営や生活用水。米側には、節約を求めている。

Q 冷却水などに必要であり、節約など無理ではないか。

  配属される米軍関係者について、「160名程度であり、民間企業の技術者が多数を占

めるも」と説明しているが、青森の車力では、100人の要員のうち60人が、民間軍

事会社「シェネガ社」から派遣された警備員だと聞いている。4月2日の防衛省交渉の

際に、そのことをただしたら、「技術者は数十人」との回答があった。それなら、警備員

が多数になる。160人の米軍関係者の内訳を明確にすべき。

A 米側からは、内訳の詳細は明らかにされていない。

Q 京丹後市での住民説明会で、住民からの「沖縄のような犯罪・事件・事故が起きない

かが一番の心配」という声に対して、「しっかり教育される」と答えているが、沖縄をは

じめ全国の米軍基地周辺で米兵犯罪や事故があとをたたない現状では、納得できない。

最後に、今日は、府議会に対して初めての説明の場であり、住民の不安や疑問について、払拭されていない。最初にも強調したように、京都府民、とりわけ地元住民の不安や疑問が払拭されないまま、知事が判断するようなことは、絶対にないように、重ねて求めて、質問を終わる。

参議院選挙で、何としても安倍内閣の暴走政治にストップを。

2013年05月20日

     今朝は、北大路ビブレ前で、井坂・玉本市議とともに早朝宣伝を行いました。私は、この1週間、世間を騒がせてきた日本維新の会の橋下代表が、元慰安婦や沖縄の人たちにはは謝罪もせず、発言も撤回せず、開き直っていることを批判するとともに、その背景に、安倍首相の歴史認識の問題があることを指摘しました。そのうえで、安倍内閣の暴走政治にストップをかけるためにも、参議院選挙での日本共産党と倉林明子さんへの支援を呼びかけました。そして、24日の夜、志位委員長を迎えて、みやこめっせで開催する演説会への参加をよびかけました。

    安倍内閣の暴走は今日も加速しており、29日に予定されるインドのシン首相との首脳会談で、原発輸出を加速するトップセールスを展開し、協定の早期締結にこぎ着けたい意向を示しています。参議院選挙で、何としてもこの暴走政治にストップをかけなければなりません。

今日は、早朝6時半からの北消防団の総合査察に始まって、たいへん充実した1日でした。

2013年05月19日

今日は、午前6時半からの北消防団の総合査閲に始まって、京建労北支部の定期総会、新婦人北支部50周年のつどい、訪問・対話行動と、たいへん充実した1日でした。

この1週間は、橋下発言に始まって、橋下・石原会談に終わったという印象です。橋下氏は、今日の石原氏との会談でも、「発言が曲解されてしまった」「党に迷惑をかけて申し訳なかった」と述べるなど、結局、人権侵害の暴言について、まったく反省もなく、謝罪も撤回もしない、という態度でした。世論調査でも、日本維新の会の支持率の低下が止まりませんが、当然です。同時に、こうした暴言がまかりとおる背景に、日本の侵略の事実を否定する安倍首相の歴史認識の問題があること、根っこは同じだということを、もっと知らせていかなければなりません。

今日は、日本共産党・倉林明子事務所開きが行われました。

2013年05月18日

    今日は、日本共産党・倉林明子事務所開きが行われました。参議院選挙の公示日まで48日、投票日まで65日に迫っており、いよいよラストスパートです。

    今日の事務所開きでも、倉林選挙区候補と井上比例候補が強調していましたが、今度の参議院選挙は絶対に負けられない選挙です。消費税増税、TPP参加、憲法96条改悪、原発再稼動・輸出、京都への米軍レーダー基地配備、侵略戦争の美化など、どの問題でも安倍内閣の暴走と破たんが明らかになっていますが、暴走を止めるためには、参議院選挙において、日本共産党が自共対決で勝利しなければなりません。

明日は。早朝6時半から、北区消防団の査閲があります。寝過ごさないように、今夜は早めに寝ます。

ホームページが完成しました。ブログとフェイスブックもアップされます。

2013年05月17日

    ホームページが完成して、毎日更新のブログだけでなく、フェイスブックもアップされることになりました。これまでは、その日のフェイスブックにアップした記事と写真をまとめて、ブログにアップしていましたが、これからは、フェイスブックに書かなかった記事をブログにアップしなければなりません。とりあえず、夜寝る前に、その日1日の感想のようなものを書くことにします。

   今日は、全府いっせい宣伝ということで、北野白梅町の交差点で早朝宣伝を行い、午前中は議員団会議でした。議員団会議では、5月21日から24日まで開催される5月臨時府議会への対応について議論しました。21日の本会議の後に、全員協議会が開かれ、Xバンドレーダー配備問題で、防衛省と京都府からの経過報告と質疑が行われることになり、日本共産党からは、光永幹事長と私が質問することになりました。

    夜は、明日の午前中に京田辺市の議会報告会に参加するので、京田辺の家に泊まりましが、家に入ったとたん、ワッフルとシフォンの大歓迎を受けました。今日がちょうど、ワッフルの1歳の誕生日だったそうです。

今日は1日50回スポット、4日間で180回スポット、2年ぶりのとりくみです。

2013年05月16日

 今朝は、紫野泉堂町の交差点と北山堀川の交差点で、井坂市議とともに早朝宣伝を行いました。昨日までの暑さの延長で、半袖カッターで宣伝しましたが、今朝は少し肌寒い感じでした。北山堀川では、地域の後援会のみなさんがビラを配布してくれました。いつも通りかかる出勤途中の男性が、「昨日、宣伝されてましたね。おっしゃる通り、私の近所でも空き店舗が増えてます」と話しかけてこられました。3日間で130回もスポット宣伝をやっていると、聞いてくれてる人もいるんだな、と確信を持ちました。

 

    午前中は、大宮・紫竹学区をハマちゃんカーで丹念にまわり、23ヶ所で街頭演説を行いました。昨日までよりかなり気温が下がっていたので、背広の上着を着て宣伝を行いましたが、少し風もあり、絶好の宣伝日和で、気持ちよく宣伝ができました。そういうこともあってか、立ち止まって話を聞いてくれる人や、家の前でずっと話を聞いてくれる人が、けっこういました。やはり、聞いてくれる人がいると、訴えにも力が入ります。

 連日、40回以上のスポット宣伝を行うことは、健康にもいいようで、連休中に61キロを超えてしまった体重も、今朝計ってみると、60.1キロにまで減っていました。

 

    午後は、上賀茂地域をハマちゃんカーでまわりましたが、この地域は、東西の通りも、南北の通りも広くて、どこでも宣伝カーを止められるので、スムーズに進んで、25ヶ所で街頭演説を行いました。午後は曇り空になり、気温も下がって、涼しさを通り越して寒いぐらいでした。

     今日は、早朝宣伝の2ヶ所をあわせて、1日で50回スポットになりました。これで、4日間のスポット回数は180回となり、24日までの200回目標まで大手がかかりました。それにしても、これだけ集中して街頭演説を行ったのは、2年前のいっせい地方選挙の前以来のことですから、どこに行っても、「ここで宣伝するのは、2年ぶり」という所がたくさんありました。あらためて、これまでの宣伝不足を反省させられました。

Page 60 of 65« First...1020305859606162...Last »